about_4

Samira Boon

日本建築学科での留学を終えた後、サミラブーンは4年間日本に住み、スタジオを立ち上げました。2002年のゲットウェルスーンマスクが彼女の最初のヒットとなりました。このマスクは白マスクに動物の顔をプリントしたマスクです。後には、日本の折り紙、風呂敷などの折る文化からインスピレーションを受けたビニールバッグのフロシキシキシリーズを発表しました。

オランダ  − 最近の活動では、彼女のデザインの観点はオランダのテキスタイル研究での3Dテキスタイルの開発へと移行しています。テキスタイルの高度な技術は様々なインテリアやプロダクトに反映されています。テキスタイルの高度な技術を表す製品の一つとして、“インスタントプロダクト”シリーズがあげられます。予め織り機に、織り構造や織り目のプログラムをかけ、織り機から出てくるときには、ほとんど完成品となっています。

韓国  − 最近、サミラブーンはソウルに拠点を移し、韓国のデザイナーと様々なプロジェクトのコラボレーションをし、“折る”という展覧会を企画しています。韓国での1年の滞在は彼女のアジア文化に対する興味を継続させます。

展覧会 − サミラブーンはデザインの展覧会、セミナーなどのイベントにニューヨーク、アムステルダム、東京、ソウルで参加しています。例えば、ティルブルグ・オランダのテキスタイル美術館、原美術館、東京都現代美術館などがあげられます。レクチャー/ワークショップ — サミラ・ブーンは、

レクチャー/ワークショップ — サミラ・ブーンは、自身のコンセプトやデザインへの取り組み方を積極的にワークショップ等で広めて参りました。アイントホーフェン・デザイン・アカデミー、アムステルダム建築アカデミー、ソウル科学技術大学などでもレクチャー実績があります。2014年からは、ハーグ王立芸術アカデミーでも毎週レクチャーを行っています。

mask workshop at the Hara Museum of Contemporary Art, Tokyo