00_featured_image

10.800 HORIZONS at Schiphol

このテキスタイルのアートワークは、オランダスキポール国際空港の「Holland Boulevard」の一部です。NEXTアーキテクツのデザインによる密接した小部屋からオランダの景色が無限に水平に広がります。遠目で見ると絵画のようにも見えますが、近くで見ると素材の層や構成をより感じることが出来ます。

Holland Boulevard, Schiphol Lounge 2

Photo : Thijs Wolzak

スキポール空港でテキスタイルが居心地の良い空間作りに使用されるのは初めてのことで、年中無休の国際的なハブとなるスキポール空港の安全面はもちろん、全ての要件を満たしたデザインとなっています。

18_Schiphol__©Ossip_minder fel_lowPhoto: Ossip van Duivenbode
02_schiphol_10800_horizons_samiraboon

NEXTアーキテクツ、TextileMuseum、そしてMatthieu Verhoevenとのコラボ―レーションによるものです。

04_schiphol_10800_horizons_samiraboonこの大きな壁画(26m1)のベースとなる糸は4種類のみで、複雑な織り方のプログラミングは色彩と変化し、遠目から見ると絵のように見える抽象的な構造となりました。オランダの風景は抽象的な地平線を「10,800 Horizons」の糸に変えて表現することによってより強調されています。

09_schiphol_10800_horizons_samiraboon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「ファブリックへの道」

TextileLABの3つのインテリアプロジェクト(サミラブーンのNEXTアーキテクツとのスキポール国際空港のHolland Boulevardでのコラボレーション「10,800 horizons」、MerkX+GirodのWhite Palace、Inside Outside Cosmic Curtainによるカタールのドーハ国立図書館)の製作現場の裏側を追って、テキスタイルの開発の道をたどってみましょう。

05_schiphol_10800_horizons_samiraboon07_schiphol_10800_horizons_samiraboon

遠目で見ると絵画のようにも見えますが、近くで見ると素材の層や構成をより感じることが出来ます。

03_schiphol_10800_horizons_samiraboon

01_schiphol_10800_horizons_samiraboon