textile 1

textures

織物をつくるは、最初の段階から、素材の特性によって理想的な機会を与えられています。一本の糸から始まる可能性と織り技術と構造は無限です。広範囲の素材は結果をうみます。薄いものから厚手のもの、断熱効果のあるものや透明なもの、モノクロのものからカラーのもの、きめが細かいものからゴワゴワしたもの、ウールの風合いや滑りの良い素材など、素材によって、色々なものができます。

ユニークな製品をつくるために、このような技術を開発することは、近年の仕事において特に力を注いでいることです。織物を作る挑戦はサミラブーンにとって、主に構造を作ることにありますが、付随する結果として強いヴィジュアルの特性をつくることにもつながっています。